濱の湯の楽しみ方

足湯でゆったり、濱亭でたっぷり。
とことん、小浜を味わいつくそう。

旅の疲れを吹き飛ばす足湯で、ゆったり語らう。

由緒ある歴史と豊かな自然に恵まれた小浜。旅の散策に疲れたら、『濱の湯』の屋外エントランスにある足湯でひと休みしませんか。足湯の利用は、なんと無料。地元の人たちも、ふらりと気軽に足を浸しにきます。しかも、目の前に広がる青く澄んだ小浜湾は、秋になると夕陽が海に沈む特別な光景が見られるビュースポット。のんびり海を眺めておしゃべりしたり、地元の人とのふれあいを楽しんだりしていると、いつの間にか旅の疲れもどこかへ飛んでいくようです。

地元で獲れた新鮮な海の幸を、たっぷり味わう。

足湯でのんびりした後は、きっとお腹もペコペコでは。そんなときは、3階の御食事処『濱亭』を訪ねましょう。御食事処『濱亭』は、お風呂に入らなくても気軽に利用できる隠れた名店。『鯖街道』で知られる小浜ならではの『よっぱらいサバ丼』は、ここに来た人だけが味わえる地産地消のご馳走です。素朴でどこか懐かしいメニューをたっぷり頼んでお腹がふくれたら、もういっそお風呂に入って、「後は、寝るだけ」でお宿に帰るのも旅の楽しみのひとつでしょう。

人魚のように、いつまでも美しく。
元気を満たし、これからも若々しく。

名水百選ゆかりの湧き水に浸る、4種の風呂巡り。

『濱の湯』では、効能が異なる4種類のお風呂が一度に楽しめます。いつまでも若く美しいまま800歳まで長生きしたという、小浜に残る不老長寿の『八百比久尼』伝説に由来する『海草風呂』。美しい人魚のような湯上がりつるつるたまご肌を叶える『美人の湯』。漢方の本場・中国との歴史のつながりを感じる『漢方薬草風呂』。アンチエイジング効果が期待できる『竹炭水風呂』…。どのお風呂も、名水百選の『雲城水』と同じ水源とされる井戸の湧き水を使っています。

明日への元気を満たす、ビューラウンジの海景色。

お風呂上がりの心身を癒してくれるのは、ビューラウンジに広がるパノラマの眺望です。小浜湾を一望する特等席で、ドリンク片手にオーシャンビューを眺めれば、ちょっとしたリゾート気分に。夢中で釣りにいそしむ釣り人や海沿いを散歩する家族連れ、サーフィンやシーカヤックなどマリンスポーツを楽しむ人たちを眺めていると、自然と気分もリフレッシュ。「自分もなにか始めてみようかな」なんて、若々しい元気が湧き上がってくるかもしれません。

一日かけて、心身ともにデトックス。
仕上げはアロマのリラクゼーション。

なりたいキレイとほしい元気、効能別の風呂選び。

ミネラルや美肌成分がたっぷり入った、海草エキス入りの『海草風呂』。イヤな皮脂や分泌物を流してくれるアルカリ性単純温泉の『美人の湯』。ストレス解消や体質改善などで知られる『漢方薬草風呂』。皮膚の酸化や老化を防ぐアンチエイジングの『竹炭水風呂』。お目当てのお風呂に心ゆくまで浸かって、なりたいキレイとほしい元気を手に入れましょう。日本海を眺めながら、一日かけてじっくりお風呂巡りを堪能すれば、心身ともにしっかりデトックスできるでしょう。

疲れを洗い流したら、コリもほぐしてリラックス。

『濱の湯』でキレイを磨いたら、仕上げはリラクゼーション『ここ楽』へ。ボディケア・アロマトリートメントエステをはじめ、女性限定のアロマトリートメント・フェイシャルコースも人気です。疲れや悩みにあわせたオプションコースもあり、美のプロフェッショナルが丁寧にアドバイスしてくれます。日々のたまった疲れをお風呂で洗い流し、凝り固まったコリをやさしくもみほぐす…。心も体もリラックスできる、至福の癒しと贅沢な時間がここにはあります。

このページの先頭へ
(C) 2020 hamanoyu.